棚田の種類


日本の棚田は2つの種類に分類することが可能です。1つ目は「石積の棚田」、2つ目は「
土坡の棚田」です。普段何気なく見ている棚田も種類などを気にして見ると以外と面白いかもしれません。


石積の棚田

         

この石積の棚田は西日本一帯で多く見ることができる棚田です。
棚田を造成する時に自然に出てくる野の石(野石)を積み上げて作った棚田のことを指します。 構造的に法面(のりめん)を石で積んでいることが特徴です。






土坡の棚田

        


「石積みの棚田」に対して「土坡の棚田」は東日本一帯で多く見ることができる棚田です。畦畔が土で固められているが特徴です。