昔使われていた主な道具を紹介します


①田ごしらえ

(先だけが鉄製のもの)

<使用方法>
園芸や農作業、土木作業のため、土を掘り起こすため使われています。

耕刃が柄に鋭角状にとりつけられた人力農具で,柄を手でにぎり,耕刃を地面に強くあるいは軽くうちつけて使用します。


馬鍬

馬鍬(まんが)とは島根県雲南地方の言い方。

馬鍬(まぐわ)とも呼称される。

 
       
<使用方法>

馬鍬とは土の破砕、ならし(代掻き)用の農具。ロールに歯を付けた車馬鍬もあります。馬鍬(まぐわ・まんが)とも呼称されています。レーキ、手把(しゅは)、雁爪(がんづめ)とも呼称されています。熊手は馬鍬の一種です。



 

(すき)

    

<使用方法>

牛や馬に引かせ、畑や田を耕す農具です。犂轅(ねりぎ)を牛馬につなぎ、犂先で地面を切り起こします。からすきとも言います。


 


②苗代

育苗箱

    

<使用方法>
育苗箱とは、種子まきや仮植した苗を育てるための浅めの箱のことを言います。
プラスチック製が一般的です。
中に入れる用土は保水性に富み、雑菌の少ない清潔なものがよいされています。
ただし、ベランダで育苗箱を使うと苗が増えすぎてしまうため、あまり向いていません。




③田植え
ババ引き
すじつけと呼ばれる

ババとは島根県雲南地方の言い方。

 

   
<使用方法>
稲苗をまっすぐ等間隔に植えるために、これを引いて水田に線を引きました。
すじつけともいいます。最初、水田に綱を張り、その綱にばばひきの端を合わせて
基準としました。縦横両方面に引き、直角に交わった交点に苗を植えていきます。



田車(たぐるま)
   

<使用方法>
「田車」、正式には「中耕除草機」と呼びます。底部に車輪型の鋭い爪が付いており、
この道具の取ってを
手押しすることで、この爪が泥に喰い込んでかき混ぜ、
まだ深く根を張っていない雑草の幼苗を根毎浮かしてしまいます。

つまり、この道具で田んぼの雑草がきれいに取れるのではなく、
水田という特殊な環境を逆手に取って、雑草を水面に浮かせて枯らすことで、
除草の目的を果たすというシロモノです。


参考文献
http://www.ufm.jp/info/about_unnan.htm