1年を振り返って 前田健太郎


 2016年の1年間を通して感じたことは2つあります。

まず1つ目に、自ら考えて動けたことが少なかったように感じました。

 特に普段の活動で、パワポやサイトの調整は、先生から言われたことをその通りにすることしかできなかったので、そこに何か班や自分が考えたことも加えられていたらよかったと思いました。またそのための班の集まりもゼミの前日になってしまったりなど、班としても率先して動けなかったので、2017年は自ら考えて行動できたらと思います。

 2つ目に、合宿の中で、生の現場で活動することで、知識や体力を得られたと感じています。また、合宿に向けて班で事前に調べて学習していたので、特に有機農業においては、知識を照らし合わせて合宿に臨むことができました。

 合宿先の作業はどれも重労働で、日頃のなまった体を鍛えられたと同時に、有機農業を営む大変さを、身をもって知ることができました。2017年もより多くの知識と体力をつけていけたらと考え、頑張っていきたいと思います。

 


 昨年度のゼミでの活動を振り返って、一年前より確実に体力と農業に対する一般的知識とちょっとの専門的知識は身についたと思った。
 一年前は農業とか何それおいしいの?状態だったけれど今は農業はかなり大事な産業の一部であって自分たちの一番身近なものであることだと知ることが出来た。
 そうして農業のことを深く知ったことで農業の現在の問題を色々考えさせられることにもなった。
今年は昨年の推進よりももっと精進していけるように頑張ります。
木林 廉
 
この一年、WACCA FARMさんにはお世話になりました。WACCA FARMさんとの活動、ホームページ作りは、自分を大きく成長させた大きな出来事でした。

 このような活動をする以前は、実家が兼業農家にも関わらず農業に関心が持てず、このご時世なのにパソコンと向き合うことすら珍しかったので、自分に足りないスキルをかなり上げることができました。時には、先生に怒られ、作業がはかどらないときもありましたが、なんだかんだやりがいのある作業だったので、なんとか頑張ることが出来ました。

 また、知らない地で知らない人たちと泊りがけで農業をするということは、コミュニケーション力も向上し、人間性も養われました。特に農業精神、根性という言葉は私の心にとても響き、これからのゼミ活動、はたまた、就職活動で生かしていきたいと思っています。

 ゼミ活動では、後輩も加わるので、尊敬されるような立派な成人として引っ張っていきたいです。

 何卒、これからも井上ゼミをよろしくお願いします。

坂本憲昭