有機JAS認定

有機農業推進法では有機農業による農産物の供給と需要を拡大することを目指しています。しかし、生産された生産物に「有機農産物」と表示できるのは有機JAS認定を受けた農産物に限られています。
食の安全性に関心を寄せる消費者が増えていく中で、「有機」「減農薬」といった表示が氾濫し、消費者が適正な判断ができなくなるとして平成11年に「有機生産食品の生産、加工、表示及び販売に関わるガイドライン」がコーデックス委員会(FAO/WHO合同食品規格委員会)によって採択されました。農林水産省
有機JAS規格はこのコーデックスガイドラインを踏まえて具体的な生産方法や表示方法を規定し、食料・農業・農村基本法や有機農業の推進に関する法律と同様に農業の自然循環機能の維持増進について規定しています。

◆マーク紹介◆

JASマーク
 JASマーク
品位、成分、性能等の品質についてのJAS規格(一般JAS規格)を満たす食品や林産物などに付されます。



特定JASマーク 特定JASマーク
特別な生産や製造方法についてのJAS規格(特定JAS規格)を満たす食品や、同種の標準的な製品に比べ品質等に特色があることを内容としたJAS規格(りんごストレートピュアジュース)を満たす食品に付されます。


有機JASマーク 有機JASマーク
有機JAS規格を満たす農産物などに付されます。有機JASマークが付されていない農産物と農産加工食品には「有機〇〇」などと表示することができません。


生産情報公表JASマーク 生産情報公表JASマーク
生産情報公表JAS規格を満たす方法により、給餌や動物用医薬品の投与などの情報が公表されている牛肉や豚肉、原材料や製造過程などの情報が公表されている加工食品等に付されます。              

この有機
JASマークを貼るためには、

検査を受け、認定機関から有機認定を受けることにより、
はじめて与えられます。つまり
正真正銘の有機農産物
の証です!!
このマークがなければ「有機」「オーガニック」またはこれと紛らわしい表示は認められません!!