お知らせ

1年間の振り返り

今回は島根県西部地震がきっかけで志学と関わることになりましたが、大学性というよそ者の団体が地域に入ることは難しいものでした。しかし、地域おこし協力隊隊の西嶋さんや志学まちづくりセンターの三谷さんの協力により、スムーズで有意義な活動をすることができました。

志学の活動では、地域おこし協力隊との役割分担が大切だということを学びました。西嶋さんが私たち大学生と地域の間の橋渡し役になってくださったことで、コミュニティの入り口ができ、志学のキーパーソンである三谷さんと出会うことができました。そして今回のように地域の方々と直接会って何度もお話することで信頼関係が構築され、活動しやすくなりました。西嶋さんが作って下さった繋がりを私たち大学生が強くするという連携した取り組みをすることができました。

信頼関係を築いた上で、その地域で活動する際に、私たち大学生と地域おこし協力隊の外からの視点と地域の方々の中からの視点
の両方の情報共有を行い、私たちが地域にどのように働きかけるを考えることがこれから重要になると思います。そういったときに、地域の方々のオープンな姿勢・地域おこし協力隊のバックアップ・大学生の主体性が欠かせないものになるため、今回作ることができたネットワークをこれからも大切にしなければならないと思いました。

今回の活動で私たちはたくさんの学びを得て、大きく成長することができたと思います。今後も志学で有意義な活動ができるよう取り組んでまいりますので、どうかこれからもよろしくお願いします!

協力してくださった皆さん、ありがとうございました!!