島根県 西部

島根県 西部


この地図の左側・西部、いわゆる石見地方は石州左官の起こりが大田市仁摩町の馬路にあることや環境などから見ることができるように東部に比べて圧倒的に鏝絵の点数が多い。石見を大田市・邑智郡(川本町、邑南町、美郷町)の石東、江津・浜田の石央、益田市・美濃郡の石西に分けると石東と石西が百点を超える作品があり、石央はその三分の一ほどである。石東に鏝絵は、民家に飾られたものより、寺や神社に奉納されたものが多い。出稼ぎにより磨かれた腕で作製された石東の鏝絵は精巧な印象を受け、大作が目立ち、見るものを圧倒するものがある。石央の鏝絵は江津と浜田では異なり、江津の鏝絵は石東と同じで寺院に奉納されたものが多く、浜田は石西でみかける土蔵の蔵飾りが多い。石西はほとんどの鏝絵が益田市横田にあり、これは伊藤末治やその弟子たちの鏝絵の分布に重なる。