日誌

インタビュー報告 >> 記事詳細

2014/06/06

大西さん

Tweet ThisSend to Facebook | by 余村孝介
記念すべき第一回目のインタビューは大西さんご家族です!




     

◎インタビュー内容◎

①移住先の候補。江津にした理由。

→長男が障がいを持っており、住みやすい街を探すために10日間をかけて全国20ヶ所を車で回った。しかし、どこの障がい者施設でも待機者が出ており結局見つからず。

たまたま江津によった時に国分学園を見つける。

住民票を移し、江津に移住を決めた。

当初は普通の一軒家だったが、長男の負担を考えた上で5年前に家を新築する。

ちなみに・・・空き家バンクは使ってないそうです。

②島根と岡山の障がい者支援対策の違い。

特に気にしたことはない。ただ、岡山は民間が強く、島根は自治体が強い。

島根は自治体が移住定住に力を入れていることが感じられたそうです。

③学校選びの基準は?

→福祉施設から車で1時間以内が基準。また、小学校・中学校も近い位置に住みたかった。

④移住前の家の環境は?

→一軒家だったが、長男にとって住みにくい家だった。

⑤子育ての環境が整っていないと感じる点は?

→教育面。どうしても都会と田舎では勉強の差が出てしまう。基礎学力は必要。

しかし、自然は子供にとっては絶好の場所。

近所からのいただきを貰った時に、子供は作物を作った人が見え、お礼の仕方も覚えることができる。
↑田舎の良さ


⑥親の変化と子供の変化。

親・・・長男が施設に入ったことで育児の負担が減り、dodoichiも開業できた。

子供・・・子供が色々挑戦するようになった。

田舎だとをしても大人は怒らない。

これが子供の長所を伸ばす!

⑦江津が自分の可能性を活かせると思ったきっかけ。

→こっちだとが少ないので注目される。

 失敗しても気にされない。

 “緩さ” “気楽さ”
↑島根の強み

⑧子育てや起業の不安は?

→どうにかなると思った!

 田舎だから!

⑨店を開いてよかったこと。

→親の姿をみて子供が考えるようになった。

例えば、子供だけで経営を始めたこと。

と子供のコミュニケーションが増した。

⑩島根・江津の魅力

→人柄と自然。

  海と山が近い。

   子供が自然に触れ合うことで多角的な面から育まれる。

⑪こどもの将来の夢は?

  →次男・・・サッカー選手

     三男・・・宇宙飛行士

     家族で岡山と島根を自転車で往復!

 →達成することでやれる!と自信を持てる。

     親はそんな子供から学ぶ。

⑫島根とは。岡山とは。

   →岡山・・・“個”

     島根・・・“チーム”

      行政や市・NPOが全力でサポートしてくれる情熱・

     体制が島根は整っている!!

◎感じたこと◎

制度が整っているからといって人がくるわけではない。

田舎は注目される。埋もれることはない。
子供の行動力が高い! 
子供に障がいがあったり、多いからといって行動を狭められることはない!

 


13:55 | コメント(0)