銀の産出量
石見銀山の銀の産出量について見ていこうと思います

戦国時代
                     

研究者によって異なるが、だいたい世界の産出量の1/3~1/2、一説によると38000kgという記録も残っているが定かではない

江戸時代前期
(17世紀前半)


13000kg~15000kg
の銀を産出

江戸時代中期(17世紀半ば)
                
8000kgまで落ち込む

江戸時代後期(19世紀前半)
4000kgくらいまで盛り返すが、以後減少