略年表

石見銀山の略年表です\(^o^)/!


   200万年前 噴火した火山群が集まり、大江高山火山群が形成される。
140万年前  仙ノ山の火山活動により発生した高温の温泉水の働きにより、地下に銀鉱床が形成された。
鎌倉 1309年(延慶2年)

初めて石見銀山が発見されたという(「銀山旧記」)
 ※当時は、地表に露出した粋銀(とじぎん)と呼ばれ      る自然銀を採取する程度で、坑道を掘り、精錬するという本格的な採掘ではなかった。

  1526年(大永6年) 博多の商人・神屋寿禎(かみやじゅてい)、石見銀山を発見する(「銀山旧記」)
 1528年(享禄元年) 内義隆が矢滝城を築き、石見銀山を支配下におく(「銀山旧記」)
 1531年(享禄4年) 川本を本拠とする小笠原氏が銀山領有(「銀山旧記」)

室町
戦国

1533年(天文2年)

石見銀山で灰吹法(はいふきほう)による銀精錬がはじまり、以後国内の他鉱山に広まる。

 

15561562

(弘治2〜永禄5年)

毛利氏と尼子氏が互いに銀山の争奪戦を展開し、やがて毛利氏が支配する

 1568年(永禄11年)ポルトガル/ドラードの日本図に「銀鉱山王国」の記載がある。 


 

1585(天正13)

豊臣秀吉が関白となる。このころから毛利氏と豊臣氏の共同管理となる

安土桃山

1600(慶長5)

関ケ原の戦いの後、徳川氏が領有

 1601年(慶長6年)①大久保長安が初代奉行となる。 
1602年(慶長7年)年産4,000貫=15トンの銀を産出する。 
 

江戸

1624(寛永元年)

銀山全体の銀産出量が減少し始める(年間2200貫=8.2トンを納めた)

 1673~168
(延宝元~天和2年)
 銀産出量がさらに減少する。(10年間の平均産出高261貫=980キロ)
 1731年(享保16年)②井戸平左衛門代官 着任 
 1766年(明和3年)石窟五百羅漢が25年の歳月を経て完成し、羅漢寺が創建される。 
 

1800(寛政12)

大森大火により町の大半が焼失

  1869年(明治2年) 大森県が置かれる(8月から明治3年1月まで)

明治

1872(明治5)

 浜田沖地震により坑道崩落などの被害を受ける
 五百羅漢の石窟も一部崩壊する
 
  1895年(明治28年)清水谷精錬所完成
 

1896(明治29)

清水谷精錬所操業休止
以後、操業の中心は永久地区となり、銅生産が主力となる

 

大正

1917(大正6)

第一次世界大戦に伴う需要増加のため増産。近代操業のピーク(4.2t、銅477t)

 

1923(大正12)

第一次世界大戦後の銅相場低下により経営不振となり、休山となる

 


 1939年(昭和14年) 前年制定された「重要鉱物増産法」により、藤田組株式会社が採鉱再開を目指す
19421943 

(昭和17~18年)

銅採掘を試みるが大水害により設備流失、坑道水没などの被害を受ける

  1956年(昭和31年) 大森町が大田市と合併
 昭和

1967年(昭和42年)

「石見銀山遺跡」県指定史跡となる

  1969年(昭和44年) 代官所跡、龍源寺間歩など14カ所国指定史跡となる
 

1987年(昭和62年)

大森、銀山の町並みが国の重要伝統的建造物群保存地区に選定

  

2001年(平成13年)

世界遺産暫定リストに登載(4月)

 2002年(平成14年)「銀山柵内(さくのうち)、山城跡、港湾」国史跡追加指定となる
  

 

 2004年(平成16年) 大田市・温泉津町・仁摩町の景観保全条例が制定される(7月)
  温泉津の町並みが国の重要伝統的建造物群保存地区に選定(7月)

平成



2005(平成17)

石見銀山街道(鞆ケ浦道、温泉津沖泊道)、宮ノ前地区」国史跡追加指定となる(3月)

2006年(平成18年)

世界遺産登録推薦書をユネスコに正式に提出(1月)

 

2007年(平成19年)

世界遺産委員会において世界遺産に登録される(7月)

 

銀山にゆかりのある人物を少し紹介します。

大久保長安
  
徳川家康の家来。関ヶ原の戦い後、ただちに石見大森銀山を支配、美濃代官として美濃一国の欠如を支配するなど数々の功積を残しました。しかし、慶長18年4月25日に長安が中風で亡くなると、「生前に不正蓄財をしていた」疑惑で財産はすべて没収され、7名の長安の子供は全員処刑されました。さらに埋葬された長安の遺体まで掘り起こされ、さらし首にされたといわれます。これを「長安事件」といいます。

安原伝兵衛
天正(1573年~1593年)の頃、石見銀山にやって来たが、そのころはまだ経営は不振でした。そこで、日ごろ信心する銀山の清水寺(大田市大森町)の観音菩薩に祈願したところ、「銀の釜」を賜る夢を見ます。そのことを、石見銀山奉行・長安に話したところ、長安も同じ体験をしたことがあったため、開発資金の援助を受けることができました。
伝兵衛はその資金をもとに、仙ノ山で釜屋間歩(かまやまぶ)を開発し、年3600貫(13.5t)という多額の運上銀(税金)を納めました。釜屋間歩を開発した伝兵衛はその功績を認められ、伏見城(京都)の徳川家康のもとにお目見えを許されることとなります。家康へのお目見えは、慶長8(1603)年。伝兵衛は積み上げた銀を車で引いて献上。さすがの家康も、演出に感激したばかりか、それを見ていた諸大名も驚いたといわれています。

後日、伝兵衛は家康に召し寄せられ、「備中」の名と家康着用の御羽織および御扇を賜りました。

*「辻が花染丁子文道服」(つじがはなぞめちょうじもんどうふく


 (写真:http://www.highlight.jp/ginzan/12.html) 

・国指定の重要文化財 
・辻ヶ花染め ・・・室町時代初期に出現した華麗な絞り染めの一種で、江戸初期まで流行。
 ・丁字文(ちょうじもん)・・・フトモモ科の常緑高木の種子を図柄にした紋。ダイコンを2~8本配して、図案化された形をしている。
 ・道服(どうぶく/どうふく)・・・高貴な方が着物の上に羽織った上衣で、その後道中着(どうちゅうぎ)となり、羽織の元になったらしい。
このレプリカは約1千万円し、再現品は、当時の技法を用い1年以上かけて制作されたものです。国内に本物が3枚存在します。
 

吉岡出雲
戦国時代、毛利家の銀山付きの役人であった吉岡隼人(出雲)は、慶長5年 (1600)11月徳川家康の命令で、石見へ 下った大久保十兵衛長安に切米100俵 で召し抱えられ、銀山の採掘を担当することになった。
  慶長6年(1601)関東へ帰国する大久保長安に伴われて江戸に着いた隼人は、11月に15人扶持(家族や家来を養う分の手当て)が与えられ、家康にお目見えして、銀杏葉雪輪散辻が花染胴服と惟子(国指定重要文化財)を拝領「出雲」の称号を与えられた。
慶長8年(1608)7月になり、長安は初代奉行石見守となって2万石を拝領したが、その内から500石を吉岡出雲の知行地として預けられた。
吉岡出雲は銀山担当者として石見、伊豆、佐渡などの銀山鉱脈の発見、採掘技術の普及指導 に敏腕を震った。 

*銀杏葉雪輪散辻が花染胴服(いちょうばゆきわちらしつじがはなぞめどうぶく)


(参考:http://iwami-gg.jugem.jp/?cid=3/)

  1601~1602年頃、時の石見銀山地役人・吉岡隼人が徳川家康より拝領したと『吉岡家由緒書(1755年)』に伝えられる。
「胴服」というのは室町末期から江戸初期にかけて武将が着物の上に身につけたもので、のちの羽織の原型。そして「辻が花染」はほぼ同時代に大流行した染織の技法で、絞り染めの中に草花や鳥などを筆で描いたもの。つまり辻が花染胴服は、当時最高のオートクチュール・ファッションだったと言える。
実際この「銀杏---」、表地は白の練緯(ねりわけ)平絹に3色の斜め縞を染め分けたうえに、雪の結晶と銀杏の葉の模様をあしらっており、実に大胆かつ斬新なデザイン。ちなみに裏地には紅の平絹を使った綿入れの袷仕立てになっている。 


井戸平左衛門(井戸正明)
寛文12年(1672年)に野中八右衛門重貞の子として江戸に生まれ、元禄5年(1692年)に井戸平左衛門正和の養子となった。 
 元禄10年(1697年)に表火番、元禄15年(1702年)に御勘定に昇進。
  鑑定所における長きにわたる忠勤が認められ、享保16年(1731年)9月13日に第19代大森代官に着任(直後に笹岡代官を兼務)「芋代官」と呼ばれ親しまれる。
平左衛門が大森代官に赴任したころ、西日本は数年にわたって飢饉が続 き、領民は餓死寸前であった。このためさっそく村役人や富豪を説いて義援を募り、他国から米・雑穀を購入し施粥をして餓死者を食い止めた。
 また、この頃薩摩から甘薯(かんしょ)の種芋を取り寄せ栽培を広める。甘薯先生として有名な青木昆陽が栽培を提唱する3年前の事である。 
  しかし、享保17年(1732)は長雨とイナゴの大発生が重なる大飢饉となり、平左衛門は幕命を待たず税を減免し、私財を投じるとともに官金を拠出して領民を救済し餓死者を最低限に止めた。
  翌年笠岡において病死したが、庶民の間では幕府の怒りに触れて切腹させられたといううわさになった。


参考サイト:http://ginzan.city.ohda.lg.jp/wh/jp/history/index.html