◎ベロタクシー(VERO TAXI)について
 VELO(ベロ)とは、ラテン語で自転車を表しています。1997年にドイツの首都ベルリンで「環境にやさしい新しい交通システムと、動く広告がひとつになった乗り物」として開発された自転車タクシーです。
 ちなみに石見銀山周辺で使用されているベロタクシーは1台200万円するそうです。
このベロタクシーはドイツ製で、ドイツはグリーンディーゼルが進んでいるそうです!!

 また、日本でベロタクシーは2000年に京都で運用が開始され、現在は全国各地の観光地で使用されています。







参考ページ http://www.velotaxi.jp/
 

◎ベロタクシードライバーにインタビュー(2013年6月7日実施)

Q1.大森町ではいつからベロタクシーの運用を開始されましたか?
A1.2008年から開始しました。


Q2.どんなお客様がベロタクシーを利用されていますか?
A2.老若男女幅広い世代が利用されています。


Q3.ベロタクシーは何台所有されていますか?
A3.現在6台所有していますが、ドライバーが2名しかいないので稼働しているのは2台です。ドライバーを募集しています。


Q4.1日に何組利用されますか?
A4.平均6~8組ですが、石見銀山の世界遺産登録前と比べてかなり利用客は増えています。


Q5.ベロタクシーを運用していてやりがいはなんですか?
A5.お客様から助かった、案内が上手いといわれたとき。


Q6.ベロタクシーを運用していて大変なことはありますか?
A6.体力が必要になることです。