十羅刹女      

石見神楽とは、島根県西部石見地方の浜田市を中心とする地域に、古くから伝えられている里神楽で、神社の祭礼に夜を徹して奉納される伝統芸能です。

 

 大阪万博での上演を機に石見神楽は全国に知られるようになり、海外公演も幾度も行われ、日本文化の交流にも一役買ってきました。

 

 石見神楽は例祭への奉納はもとより、各種の祭事、祝事の場に欠かすことのできないものとなっており、最近では地域の物語を神楽化した創作神楽や、舞台演出を凝らした神楽も有り、多くの人の心を掴んでいます。

 

 石見地方へお出かけの際は、ぜひ石見神楽を見てください。神話の世界を一晩中楽しむことができます。