第一回柿木村研修 5/23.24

第一回柿木村研修 5/23.24を開きます。
31枚
第一回柿木村研修 5/23.24

登録者:村尾明子 | 2015/07/15(0票)

第一回柿木村研修 5/23.24
2015/07/08

第一回柿木村研修 5/23.24

Tweet ThisSend to Facebook | by 村尾明子

<鶏糞・牛糞まき>

柿木村合宿1日目、伊藤さんと菊池さんのもとで作業させてもらいました。天気は曇りだったので暑すぎることもなく、作業しやすかったです。

鶏糞と牛糞まきは初めてで、匂いのきつさに圧倒されながらなんとかまき終えることが出来ました。鶏糞はレタス畑にまき、11つのレタスの間に1杯ずつまいていきました。久しぶりの農作業だったので、約15キロの鶏糞を移動させながらの鶏糞まきは腰や膝にきて痛くなりましたが、達成感を感じることが出来たのでよかったです。

休憩時間は、伊藤さん手作りのパウンドケーキとリンゴをいただきました。きっと普通に家の中で食べるよりも、みんなで作業した後に外で食べたのでよりおいしかったです。水路の水も澄んでいて冷たく、最高の休憩でした。

次に牛糞まきをしましたが、鶏糞に比べて匂いはあまりきつくなかったです。1か所に牛糞が積まれていて、何往復もするのはしんどかったけど、みんなでわいわいしながらまいたので時間がすぎるのもあっという間でした。

<ピーマンの支柱たて>

柿木村合宿一日目、私たちの班はピーマンの支柱たてをしました。作業内容としては、まず芽かきをした後、支柱をたててテープを貼って支柱と芽を固定するといったものでした。最初はなかなかスムーズに作業を進められませんでしたが、徐々に効率よく進められるようになってよかったです。

川本さんは、ピーマンだけでなくたくさんの野菜を栽培されていました。休日は奥さんと一緒に作業されているとはおしゃっていたものの、あの広い畑をほぼ一人で管理していると思うとすごいなと思いました。

作業中コーヒーの差し入れをいただきました。またバーベキューをするにあたって、新鮮なレタスとにんにくの芽をいただきました。川本さんはすごく親切な方で、お話しても楽しかったです。

<草抜き・牛糞撒き>

 柿木村合宿2日目、伊藤さんの畑で草抜きと牛糞撒きを経験させて頂きました。伊藤さんの畑はもちろん有機農業です。

まず、草抜きをしました。トウモロコシとマルチの間の草抜きをしました。トウモロコシと草を見分けながら、草抜きをするのが大変でした。中腰になりながら、草を抜くのは腰が痛くなり、長時間の作業の大変さが分かりました。また、草抜きをしながら、たくさんのミミズを見ました。伊藤さんのところの畑は有機農業のために、生き物が元気で、ミミズが見たことがないくらい生き生きとしていて、驚きました。ミミズは、養分が沢山あることに集まってきて、良い土を作る働きがあります。そのため、伊藤さんのところの畑は、とても良い土ということが分かりました。

 次に、牛糞を撒きました。牛糞を手押し車と袋に入れて、何十㎏もの牛糞を畑に撒く作業は、思っていたより、大変でした。畑を何往復もして撒きました。牛糞を初めて見た私たちは、「糞なのに臭いがしないのはなぜだろう?」と思いました。伊藤さんにお聞きしたところ、きちんと発酵すると臭いがしなくなると聞き、すごいと思いました。無事に広い畑に、牛糞を撒き終わり、達成感がすごく湧きました。

<郷土料理教室>

私たちは、エコビレッジかきのき村で毎月行われている、郷土料理教室に参加しました。今回は山菜おこわとなめこのお味噌汁、キャベツのおひたしを、講師の方に教わりながら作りました。山菜おこわには、ぜんまい、たけのこ、蕗を始めとした柿木村の山菜、野菜をふんだんに入れました。具だくさんで、とてもおいしかったです。私たちは、おこわを本格的に作ったのは初めてだったので、良い経験ができました。お味噌汁は、最後に山椒の葉を浮かべたので、香りが良かったです。山菜おこわの具材が余ったので、料理教室終了後に私たちだけでもう一度作りました。我ながらとても美味しく作れたと思います。

参加された地域の方に蕗の煮物と梅の甘煮をいただきました。この二つも絶品で、遠慮なく完食しました。また、他の参加者の方にいのししの肉をいただきました。しし肉を食べるのは初めての生徒がほとんどだったので、皆それぞれに感想を言い合っていました。独特の香りがして美味しかったです。




14:35 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)