福原圧史さんとは?
 
  現在、「特定非営利活動法人ゆうきびと」の代表を務めておられる方です。
 1972年より柿木村役場に勤務され、高度経済成長期の真っただ中、世の中の流れが換金できる作物を追い求めていることに疑問を持たれ、30年以上も前から旧柿木村で、家族のために安全な野菜や米を作り、その余剰分をおすそ分けする自給を優先した農業を提唱されてきました。有機農業をけん引してきた第一人者でもあります。

 現在、ゆうきびとの代表を務められていますが、その経緯につて説明したいと思います。
 
 有機農業の項目でも述べましたが、今は、柿木村=有機農業でしられていますが、最初は有機ではなく、持久力を高めることが目的であったそうです。
 昭和50年頃、オイルショックの後、自給していかなければ、もし、オイルショックのようなことが起これば経営が難しくなると考え、自給することを提案したが、日本は高度経済成長真っ只中、福原さんの提案はほとんど受け入れられなかった。
 そこで、福原さんは、山口県にあった有機農業研究会に一人で入会された。そこで出会った岩国市の消費者グループとの出会いがきっかけで柿木村有機農業研究会を発足し、柿木村の有機農業がスタートし、その繋がりが「NPO法人ゆうきびと」がはじまるきっかけとなりました。

 現在は、広島市のスーパーで各金土の2回、JR和木駅の駅舎で毎週土曜にオーガニックマルシェを開いて有機野菜の販売をされたり、広島のIWAD環境福祉専門学校・農園芸生産コースで有機農業の講義や、有機農業スタートのきっかけとして「有機農業入門塾」を開かれています。

 参考文献 
http://www.town.yoshika.lg.jp/iju/about/genki/000.html
                   http://www.syokutonou-kakinoki.jp