みなとの森公園

      兵庫県神戸市      
1995年阪神・淡路大震災を経験し、防災先進都市として、防災に取り組む

目的

1.    阪神・淡路大震災すべてのシンボルプロジェクト化

2.    未来の神戸におけるまちづくりの契機とする
3.    市民の活動の場としていく

4.    災害に備える場としていく

5.    神戸の中心に「もり」をつくる

 

防災公園とは

        普通の公園と違い、備蓄倉庫や仮設トイレなどの防災機能を備え、災害時に避難場所」「活動拠点」として活用できる公園のこと。

 

防災公園機能

         都市におけるオープンスペースは、震災時に様々な役割を担う。

1.    仮設トイレ

2.    地下貯水槽

      3.    ソーラー風力発電 
4.    備蓄倉庫

 

仮設トイレ

      普段はマンホールのように見えるがふたを開けるとトイレになる。

   公園内に62基設置。

 

地下貯水槽

     震度7まで耐えられる。

  200tの貯水量。

     手動ポンプ・井戸を使用する。

 

 

ソーラー風力照明灯

   震災時に真っ暗で不安になったという声を受けて設置。

   風力発電と併用のため天気が悪い日でも使用可能。

 

備蓄倉庫

 

     毛布2000、クラッカー1050、飲料水2016、サバイバルシート2000、アルファ化米1000、粉ミルク40など(2010年開園当時資料