日誌

インタビュー報告
2014/08/10

高橋さん

Tweet ThisSend to Facebook | by 余村孝介
第4回目は高橋さんです。
この日は毛利、余村の都合が合わなかったので、土江が行ってきました!

①結婚を機にUターンされたそうですが、なぜIターンではなく、Uターンしようと思われたのですか。

特にやりたいことがあるわけでもなく、4か月くらいプラプラしていたが、両親から適応指導教室で若者の臨時募集があるからやってみないかというお誘いが来たのがきっかけ。子どもは嫌いじゃなかったので面接に行った。


②使った制度はありますか。(子育て支援、空き家バンクなど)

 ・あったらいいなと思う制度はありますか。

 ・これらの制度はUIターンする理由になると思い  ますか。

空き家バンクでは、古くて使いにくそうな物件が多く、なかなかいいのが見つからなかったので、あまり活用しなかった。良いのがあれば見たい。

最初は島根に戻るつもりはなかったので、島根の情報はほとんど入ってこなかった。求めてなくても情報が入ってくるようなシステムがあれば移住のきっかけになるのではないだろうか。


③職探しは移住されてからされましたか。

奥さんは移住してから。

他に比べて仕事の数が少ない。臨時なのでよかったが、正社員になろうと思ったら厳しかったかもしれない。


④適応指導教室、カウンセリング資格、緑と水の連絡会議、青少年の居場所作り、これらを始めようと思ったきっかけは何ですか。

たまたま始めた適応指導教室で、子どもたちのことが理解できないことも多々あり、もっと理解したいと思いカウンセリングの資格を取る。

緑と水の連絡会議は、両親がやっており時々手伝いをしていた。居場所作りは、中学生上の子(高校行かなかったあるいは中退した子、就職してもやめてしまったりした子など)の居場所がなく、誰か作ってという声があったので自分で作ろうと思った。


⑥不登校児童さんに対する大田市、学校の対応はどのような感じですか。

大田市はまだスタッフの数は多い方。

学校の対応は市町村で質が違う。不登校に対する理解がいまいち広まっていない、なまけていると思われがちなので、もっと目を向けてもらえるように活動を行っていきたい。


⑦今後どのような活動をされる予定ですか。

困難を抱える子ども・若者たちメイン(誰でも参加できる)カフェや委員会をつくって、いろんなことを話し合う。


⑧自分たちの様子が筒抜け状態のようですがその状況で困ったことはありましたか。

特に困ったことはなかったが、奥さんの方は多少あるかもしれない。

人によるそうです(笑)


⑨子育てがしやすいと感じるのは具体的にどういった場面ですか。

遊ばせる場所がある。近所の人や親戚同士で協力して見守っている。ほとんど顔見知りなので、変な人が来たらすぐわかる。


⑩お子さんにはどのように育ってほしいですか。

天真爛漫(やりすぎない程度に)に育ってほしい。また、多様な価値観を持てるようになってほしい。例えば不登校は悪いことで、学校は行かなければならないといったように縛り付けるようなことはしたくない。一つの考えを貫きすぎないようにしたい。


⑪お金を使わなくても楽しめるとありましたが、休日はどのようにお過ごしですか。(おすすめスポットなど)

海へ行ったり、公園をハシゴしたりすること。公園に行くときはだいたい天気が良い日なので、散歩をしながら行く。自然いっぱいで遊びやすい。


⑫静岡県、福岡県、島根県(大田市)ではどの県が一番住みやすいと感じますか。

1位島根県 生まれ育った場所で知り合いも多い。剣道のけいこに行きやすいのが大きい(剣道好き)

2位静岡 大学に通っていたので知り合いも多い。自転車でどこまでも行けるところがよかった。

3位福岡 北九州はほどよい都会だった。

年齢によって住みよいところは変わってくるかもしれない。


⑬大田市の良い点、悪い点はどこだとかんじますか。

良い点⇒顔が見える。心が通う関係になれば仕事もプライベートも充実する。同じように頑張ってる人がいるんだと安心できる。

悪い点⇒何にもないと思ってあきらめてしまっていること。


⑭高橋さんにとって大田市とは何ですか。

故郷。今から作り上げられる⇒チャレンジできる!


⑮県外の方に一言!

あなたも主役に!これからは地方の時代!
都会でできたことが地方ではできないことも少なくない。しかい地方で作れたものは他の場所にも持っていくことができる。

 
◎感想◎
あまり目を向けられない不登校などの子どもたちのために、カウンセリングの資格を取るだけでなく、居場所を作るといった積極的な活動を行えるチャレンジ精神にはとても尊敬しました。また、こうした活動を通して出会った若者たちが大田市の大人は自分の話を聞いてくれる、支えてくれるといった安心感が生まれ、立ち直って社会に出た時に大田市に戻ってきてくれる、あるいは残ってくれるきっかけになるのではないかと感じました。


05:43 | コメント(0)
2014/06/08

西尾さん

Tweet ThisSend to Facebook | by 余村孝介
第2回目は西尾さん家族です。
この日は土江と余村の都合が合わなかったため、毛利が行ってきました!

              
◎インタビュー内容◎
①移住のきっかけと経緯
11年前の結婚(大阪生活)からお互いが自然に興味
 5年前夫からIターンを打ち明けた

移住先探しの条件:大阪より下、自然(海)、防災(地震) 
 ⇒
和歌山県VS島根県
日本海=島根県大田市:町並みがすてき、市街地でも田舎感 
 ⇒
富山町VS大森町

②移住先の決定
大田市定住促進サイト「どがどが」
 ⇒メールして市職員さんの協力(情報提供)
子どもを連れて島根に何度も来て移住地探し 
 ⇒
中村ブレイスとの交流
中村ブレイス社長さんより銀山地区の空き家紹介 
 ⇒
3年前中村ブレイスの借家に移住

③子供たちの反応
「今の友達と離れたくない・・・」(移住前)
学年を超えての友達づくり(移住後)
学校選びの基準:学校や友達の家まで自力で行き帰りできる距離 
 ⇒大森小はマッチ
市による子育てや教育支援などの情報は調査せず移住 

④田舎暮らしについて
地域との交流が親密
畑仕事ができる
イノシシやサル、虫との遭遇率の高さ
「ここには求めてきたものが全てある」

⑤移住して良かったこと・悪かったこと
良かったこと、嬉しかったこと

 とにかく祭り(イベント)が楽しい!

 米がおいしい!魚が安いし、珍しい!

困ったこと、不安だったこと

 病院が限られていて選べない・・・。

 湿気がひどくてカビ対策が大変・・・。


⑥家族の変化について
親から子どもを見て

 「活発になった」

 「心がやわらかくなった」

子どもから親を見て

 「散歩が増えた」

 「娯楽・レジャーの計画が増えた」

⑦移住・定住促進のためには

島根県は宣伝下手 
 ⇐発信力の弱さ
神楽や温泉などの要素
 ⇐人集め可能

移住定住調べをする人向けの格安な宿
Uターンを前提に都会に勉強しに行き、Iターン者を引き込む


⑧充実した暮らし

心の豊かさ、ゆとり
開放感、自然体
精神的な強さ
「山登りがしたい」「ヤギを飼いたい」

05:42 | コメント(0)
2014/06/06

大西さん

Tweet ThisSend to Facebook | by 余村孝介
記念すべき第一回目のインタビューは大西さんご家族です!




     

◎インタビュー内容◎

①移住先の候補。江津にした理由。

→長男が障がいを持っており、住みやすい街を探すために10日間をかけて全国20ヶ所を車で回った。しかし、どこの障がい者施設でも待機者が出ており結局見つからず。

たまたま江津によった時に国分学園を見つける。

住民票を移し、江津に移住を決めた。

当初は普通の一軒家だったが、長男の負担を考えた上で5年前に家を新築する。

ちなみに・・・空き家バンクは使ってないそうです。

②島根と岡山の障がい者支援対策の違い。

特に気にしたことはない。ただ、岡山は民間が強く、島根は自治体が強い。

島根は自治体が移住定住に力を入れていることが感じられたそうです。

③学校選びの基準は?

→福祉施設から車で1時間以内が基準。また、小学校・中学校も近い位置に住みたかった。

④移住前の家の環境は?

→一軒家だったが、長男にとって住みにくい家だった。

⑤子育ての環境が整っていないと感じる点は?

→教育面。どうしても都会と田舎では勉強の差が出てしまう。基礎学力は必要。

しかし、自然は子供にとっては絶好の場所。

近所からのいただきを貰った時に、子供は作物を作った人が見え、お礼の仕方も覚えることができる。
↑田舎の良さ


⑥親の変化と子供の変化。

親・・・長男が施設に入ったことで育児の負担が減り、dodoichiも開業できた。

子供・・・子供が色々挑戦するようになった。

田舎だとをしても大人は怒らない。

これが子供の長所を伸ばす!

⑦江津が自分の可能性を活かせると思ったきっかけ。

→こっちだとが少ないので注目される。

 失敗しても気にされない。

 “緩さ” “気楽さ”
↑島根の強み

⑧子育てや起業の不安は?

→どうにかなると思った!

 田舎だから!

⑨店を開いてよかったこと。

→親の姿をみて子供が考えるようになった。

例えば、子供だけで経営を始めたこと。

と子供のコミュニケーションが増した。

⑩島根・江津の魅力

→人柄と自然。

  海と山が近い。

   子供が自然に触れ合うことで多角的な面から育まれる。

⑪こどもの将来の夢は?

  →次男・・・サッカー選手

     三男・・・宇宙飛行士

     家族で岡山と島根を自転車で往復!

 →達成することでやれる!と自信を持てる。

     親はそんな子供から学ぶ。

⑫島根とは。岡山とは。

   →岡山・・・“個”

     島根・・・“チーム”

      行政や市・NPOが全力でサポートしてくれる情熱・

     体制が島根は整っている!!

◎感じたこと◎

制度が整っているからといって人がくるわけではない。

田舎は注目される。埋もれることはない。
子供の行動力が高い! 
子供に障がいがあったり、多いからといって行動を狭められることはない!

 


13:55 | コメント(0)
2014/05/27

齋藤さん

Tweet ThisSend to Facebook | by 余村孝介

記念すべき第一回目のインタビューは、東京から浜田にIターンされた齋藤さんご家族です!

インタビュー内容
移住の経緯やきっかけ
 ・豊かな暮らしへのあこがれ
 ・子供が東日本大震災の2週間前に生まれたことで精神的にも肉体的にも不安定
生まれ故郷にあるような自然の原風景への思い


移住する市町村の候補
 ・血縁を頼って三重県や兵庫県
 ・血縁なしで考えてみると全国が範囲となる
日本橋島根館、雑誌『TURNS』などの島根の宣伝


子どもの教育面への考慮
 ・学力面ではとくに考慮してない。

 ・東京で経験できないことをさせたい。やりたいことや興味のあることを自由に!

子育て面のデメリット
 ・とくになし
 ・生活面では病院は少ないながらもいくつか点在しているが、銀行が少ない。

教育面の魅力的な点
 ・子育て支援センターや広報『すくすく』
 ・都会では1人で子育てしている感じが強かった。

他の市と浜田市の違い
 ・人間としての、幼少期の土台づくりができる。
 ・原体験を人工物の中ではなく、自然の中でできる。

生活費の比較

 ・食費などは減ったが、ガソリンなどの車関係費が増えた。

 

⑧今後に向けて

 ・もっと田んぼ、畑、雪の中で生活したい!


09:52 | コメント(0)