過疎高齢化に悩む島根県西部地方を舞台に、地域の方とふれあいながら、またホームページの制作などIT技術を活用しながら、地域情報化と地域活性化について勉強しています。
 

井上厚史研究室



 本来は近世日本思想史を専攻する身でありながら、2000年に島根県立大学に赴任して以来、地域からのさまざまな要請に答えざるを得ない立場におかれ、<地域が抱える問題の解決>と<アジアの近代化の問題>という二足のわらじを履きながら研究を進めてきました。
 全国有数の過疎地から見える日本と、朝鮮半島から見える日本。この二つの角度から見える日本の姿を描くことが、私の研究テーマとなっています。 
 20年かけてこつこつと研究してきた朝鮮儒教研究(李退溪思想の研究)を近々まとめて出版する予定です。また、韓国研究から見えてきた日本思想史の問題も提起していきたいと思っています。
 

●井上厚史のプロフィールはこちら
 

●総合政策学部で取り組んでいる研究テーマ

? 地域情報化による中山間地域の活性化
「棚田百選」をどう活かすか (pdfファイル)
→「大学生がつくる地域活性化サイト」の運営
→『
大学生がつくる銀山街道ガイドブック』(山陰中央新報社、2011)の制作
? 経世済民思想の現代的応用
「新・経世済民学」の実践を (pdfファイル)
日本思想史講義 (pdfファイル)

●大学院北東アジア研究科で取り組んでいるテーマ

?東アジアの近代化と儒教 
?朝鮮儒教(李退溪ほか)の研究 →
機関リポジトリのページ


●科研のテーマ

?2007年度?2009年度 日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究(B)
  「東アジアにおける文明の衝突と「天」の観念の変容」 (研究代表者:井上厚史)
?2011年度〜2015年度 日本学術振興会研究費補助金 基盤研究(A)
  「東アジアにおける朝鮮儒教の位相に関する研究」(研究代表者:井上厚史)

●講演記録
?21世紀・地球講座
伊藤仁斎の教育論(第1回) (pdfファイル)
伊藤仁斎の教育論(第2回) (pdfファイル)
伊藤仁斎の教育論(第3回) (pdfファイル)