品種改良


「亀治」という品種のお米は、広田亀治がすぐれた観察眼とたゆまぬ努力の結果、選抜陶汰法によって稲の病気(稲熱病、ねぐされ、いもち病)に抵抗力の強い品種を数々の改良を重ねて生んだ。そこからも品種改良がされていました。

●在来亀治
広田亀治が稲刈り中、一株の晩生を発見し、これを育成したものであると伝えられている。在来亀治は晩生のなかで比較的に早熟で、草茎は大変強剛でいもち病に対する抵抗力が強くて、栽培が容易。また、穂の脱落も少なく、米粒が大きい。塵を生ずることが少なく「塵なし」というがある。

●亀治一号
在来亀治が県内に普及し始め、農場試験場で純系淘太(優良な遺伝子型を選抜する)を行い、大正7年に最も優良の系統を選んで亀治一号と名づけた。遺伝子型の系統をいくつも選抜しているものを系統と呼び、その系統の熟期、1株の葉の枚数、収量、品質など比較して最も優良な系統選んだとされています。

●亀治二号
亀治一号の選出に更に手を加え、大正10年に亀治二号と命名した。亀治一号と比較すると、成熟期や品質はやや少し劣るが、いもち病に対する抵抗性は優れていた。昭和初期にはこの亀治二号が多く配布されていた。

参考文献
広田亀治銅像再建一周年記念「広田亀治について」