お知らせ

今年も、6月22日~25日にかけて滋賀合宿を行いました!

今年は2回生と3回生と井上厚史先生の合わせて30人で滋賀へと向かいました。
今回の合宿を通して、農業の大変さや人と協力することの大切さなど、様々なことを学ぶことができました!!


------------針江のんきぃファームさん------------

のんきぃファームさんの所では、苗箱を育てていたプール(地面にビニールシートを敷き、水がしみないようにしたもの)の片付けを手伝わせていただきました。
ビニールシートとは言ってもかなりの厚みと面積があり、
4人がかりで持ち上げて溜まった土や水を落としたりとなかなかの重労働だと感じたのですが、昨年この仕事を2人でこなしたという万木さんは「4人でやると楽だわ~!」と言っておられました。
生活と農作業が密接な関係にあるからこそのパワフルさだなぁと改めて驚かされました。


また、普段なかなか喋る機会のない職種の大人の方と喋ることで、自分の中の選択肢が増えたように感じました。
お世話になった方々に改めて感謝申し上げたいです。



------------グリーン藤栄さん------------

1日目はヨモギ畑の草抜きを行い、休憩時間に畑で採れたヨモギ餅をいただき、2日目はヨモギ畑の草抜きの続き・稲の苗の処分・新しい事務所の改装の手伝いをさせていただきました。

ヨモギ畑で感じたことは、大量のミミズを見たことで、いい土で育っているのだなということでした。稲の苗の処分はあらかじめ掘っておいた穴にひたすらプランターの中身を捨てていく作業で、見た目に反しかなり重さがあったため思っていたより重労働でした。
またフナやナマズが帰ってくる用水路なども見学させていただき、魚たちとも共生できるいい田んぼだと感じました。


改装の手伝いでは、壁や天井をペンキで塗ったり荷物を片づけたりとたくさんのことを手伝わせて頂けました。
まだ始めたばかりだということだったので、完成した内装を早く見てみたいと思います。

 

------------みのり農園さん------------

みのり農園さんの所では、玉ねぎの収穫と根と土を取るという作業をさせて頂きました。黒いシートに覆われた状態で土の中に眠っている玉ねぎを11つ丁寧に、シートをあまり破らないように収穫しました。玉ねぎの大きさはまちまちで、野球のボールくらいの大きな玉ねぎや500円玉くらいの小さな玉ねぎもありました。

例年よりも小さいと、みのり農園を経営されている高橋さんはおっしゃっていました。これは昨年の冬の降雪量が多く、シートの上にたくさん積もったので成長が遅れてしまったことが原因とのことでした。
農作物が環境の影響で不作だったというニュースをよく見ますが、実際に自分の目で見たのは初めてだったので、自分たちで育てるという農業の大変さを実感することができました。



------------zund耕園さん------------

zund耕園さんの所では、石ころ取りや草取りをさせて頂きました。
言うだけなら楽な感じはしますが、実際にそれらの作業をしてみると思ったより体力や筋力が必要だということを実感しました。私は腰痛持ちなのですが、腹筋に力を入れながら作業をするといいよとアドバイスを受けたので実践してみると、だいぶ腰への負担が軽くなりました。これからも是非実践していきたいです。

あまりしたことがない作業を体験させて頂いたり、農業をする時に弊害になり得るであろう腰痛への対策を教えてもらったりと、自分にとって大きな収穫を得ることができました。




 

------------水口ファームさん------------

水口ファームさんでは、サツマイモの苗の水やりと防獣ネット貼りのお手伝いをさせて頂きました。
まず、サツマイモの苗の水やりをしました。長いホースを使って水をあげたのですが、ホースが重く、水の勢いが強かったので支えるだけでも精一杯でした。
また、苗を傷つけないように根本を中心に水をかけることも意識しなくてはなりませんでした。たくさんの苗に水をあげた後、腰が痛かったです。

これが終わった後は防獣ネットを貼る作業をさせて頂きました。等間隔に並んだ棒にネットを付けていく作業でしたがこの日は暑かったので、とても大変でした。日焼けで腕が真っ黒に焼けてしまいました。

昼食は、近くにある「コティカフェ」というレストランでとりました。ここではほとんど水口ファームで採れた野菜を使用しているそうで、とてもおいしい料理をいただくことができました。
今回、初めて合宿に参加させて頂きましたが、農家さんの作業や苦労などを知るとてもよい体験になったと思います。



------------古良慕さん------------

「人が交わる」場所として大切にされている、喫茶古良慕のお手伝いをさせて頂きました。

今回の合宿では、倉庫の掃除や、囲炉裏で燻された貴重な竹を選別し、移動する作業などを行いました。2日目は竹を倉庫から出し、何本かにまとめ、隣の小屋に運ぶ作業でした。男子2人、女子3人で力仕事は大変でしたが、1日かけてすべての竹を運びきることができました。若い人たちが手伝ってくれて嬉しいと、とても喜んで頂けたので頑張ってよかったです。おいしい昼食もごちそうして頂き、有意義な研修となりました。